2010年04月15日

極上の信玄餅2!

こんばんわ。
先日の続きを!!!

信玄餅には2種類あって・・・。
というお話でしたが。

原材料というものはほとんどかわりないのですよ。

ちなみによく見かける赤い袋にはいっている信玄餅の原材料はこちら

【原材料】
砂糖、水飴、黒蜜、餅粉、黄名粉(大豆)


そして今回ご紹介に信玄餅は桔梗信玄餅吟造りという極上物でございます。
原材料はこちら
【原材料】
砂糖、水飴、餅粉、黄名粉(黒大豆)、黒蜜、蜂蜜
餅の甘さを抑え、黄名粉は極上の丹波黒大豆黄名粉を、蜜は桔梗屋特製の黒蜜をベースに一宮町で採れたアカシヤの蜜を加えたもの。
材料が違うんですよ!

日もちもあまりしなく5日となっております。

そんなに違うのか???
と思うかもしれませんけど・・・。

どうぞじっくりと見比べてみてください!

Image387.jpg

どちらがどちらかわかります?

いつも食べている方が下
吟造りが上の蜜が薄い方です。

只今入手困難な国産蜂蜜が入っているので色が若干薄い蜜!

そしてきなこもよく見てください!

Image389.jpg

色が違うでしょ?
黒大豆を使っているのできなこもちょっと黒い粒が見えますよね?


味はもぉ言うまでもないのですが
極上なんです。
上記にも書いたように、甘さが控えめで後味さっぱり!
今までどちらかというと、信玄餅は甘すぎて蜜をかけて食べるのはどうも苦手で・・・。
実はあの甘ぁ〜いのが歯にしみるほど甘いなぁ〜って感じていたので
信玄餅をいただく時は黒蜜をかけずに食べていたんです。

そんな私ですけど
今回の吟造りの信玄餅には驚きましたよ。
これが同じ信玄餅だというのですか????っていうほど違います。
蜂蜜の優しい甘さとほんのりと蜂蜜の香り。
黒大豆のキナコもまた美味しい!

正直なところ、信玄餅って蓋を取って黒蜜をかけ食べるときに
このキナコも散らばっちゃいますよね?
仕方ない・・・。と今までは思っていましたけど

この吟造りの信玄餅のキナコはキナコまでも美味しいから
もったいない〜
って思ってしましました。

全体的にお味が優しいんですよねぇ。

また食べたいよぉ〜って思っています。
これを食べたいためにまた山梨にでも行っちゃおうかな???
って思っているくらいです。


ちなみにお値段は
桔梗信玄餅吟造り 3個入525円(税込)
         8個入1575円(税込)
で始めに紹介した赤い袋に入っているよく見るタイプですと
桔梗信玄餅 8個入1050円(税込)

です。


お問い合わせ: 
山梨県笛吹市一宮町坪井1928 桔梗屋本社 
TEL 0553(47)3701 営業部 

是非、一度食べ比べて見てくださいね!
あなたもきっとはまることでしょう!!!

posted by junonne at 03:49| Comment(0) | その他の美味しいもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。